HOME>特集>予算に応じた制作方法を選び、読みやすさと印象のバランスを考慮したデザインにしよう

目次

色々な方法を選べます

名刺を作る場合、デザインから印刷まで全ての過程を一任する形もあれば、印刷だけを依頼する形もあります。デザインと印刷をそれぞれ別の業者に依頼することも可能ですし、指定されたフォーマットでデザインを用意できるなら、自身でデザインを手がけることも可能です。ただし、印刷に関しては、業者に依頼した方が手間も少なく楽かもしれません。というのも、専用の用紙を手に入れ、印刷後に用紙をカットする手間が必要になるからです。業者に依頼した場合の料金が高額な場合には、手間をかける価値もあるかもしれませんが、料金は手頃な場合が殆どですから、業者に依頼して完成品を待つ方がコストパフォーマンスは良いと言えます。様々な方法があるので、予算に応じて選ぶ様にしましょう。

デザインは印象と読み取りやすさが大切

名刺制作で押さえておきたいポイントと言えば、デザインです。名刺はスペースが限られているので、多くの情報を載せるとごちゃごちゃとした印象になり、情報が読み取りにくくなってしまいます。また、デザイン性の高いフォントや色使いに拘ると、名刺の印象は良くなるかもしれませんが、何が書かれているのかわかりにくいといった結果になりかねないので注意が必要です。名刺を受け取った人が好感を持ってくれる様なデザインにすることも大切ですが、名刺に書かれた情報を難なく読み取ることができる様に、文字の大きさやフォント選び、色使いにも配慮することが欠かせません。

広告募集中