HOME>イチオシ情報>ビジネスなどの世界では初対面の際にお互いに自分の属性などを最小限でも交換し合ってきっかけ作り

住所、氏名と電話番号などで知り合い作り

名刺交換

世界各地の企業などに所属する人たちは使用目的やその意識が国毎に異なるようですが、業務やグループの関係性を円滑に進める手段の一つとして利用しているのが名刺です。そこで、色々なグループでメンバーの住所、氏名に電話番号やメールアドレスを記載した一覧表を作成する習慣が最近まで続いてきました。ところが、国内では個人情報保護法が厳密に解釈されるようになるにつれてお互いに相手の情報を簡単に得られなくなってきました。余り関係ない人にまでむやみに名刺を配ると名刺に書かれたわずかな個人情報でさえ悪用されるケースが増えてきました。このため、初対面の時に交換する名刺の効用が見直されています。

具体的な話題に会話を進める前段階

名刺

今までの習慣で一般的には表面に社名とオフィス住所の他に所属部署と電話番号やメールアドレスくらいが記載されていました。中には、裏面に手掛ける主要事業のほかに個人情報まで書いてある名刺をもらうことがありました。名刺の使用目的は自分が所属する企業などで従事している職務と職位を相手に示して仕事上の関係性を深めるきっかけ作りを第一と考えていたからです。お互いにこのような情報を開示してから会話が個人的な話題に進み、安心感や信頼感を生む状態につながると考えられているわけです。

デジタル化時代に必要性の高まる連携プレー

名刺交換

もちろん、個人情報保護法制定以後も具体的な仕事に会話が進んでいくスムーズなきっかく作りが名刺の使用目的になっていると言えます。そこで、再度会う機会のなさそうな人にも自己紹介の目的で名刺交換するケースもありますから、名刺には必要最小限の情報を記載しておくのがコツのようです。デジタル化の進む社会では今後、益々、所属する組織内外のネットワークで仕事を行う機会が増えていくと見られています。従って、そのきっかけになる名刺交換に配慮が必要です。

広告募集中